樹木葬とはどのような物か

人は死んだら遺骨になってお墓に入るのが日本の習慣ですが、最近では普通のお墓以外の埋葬方法が普及してきました。


中でも人気が有るのが樹木葬です。



樹木葬とは、お墓の場合は墓石を埋葬された場所の上に置きますが、墓石では無く樹木を植えます。

それで樹木が枯れないように埋葬される場所は普通の地面になります。


そして普通に区画はされて墓標として石製のプレートが名前入りで置かれますから、どこまでお墓で誰のお墓か分かるようになっています。
樹木葬には二種類有って普通に墓石の代わりに木が植えられる個人タイプと樹木の周りの埋葬される合葬の共同タイプが有ります。

家族が埋葬されるタイプは共同タイプの方です。
気になる料金の方ですが、まず土地の区画の費用と墓地を管理する費用と樹木の費用が有ります。

これらの費用を合わせても墓石を置くよりも安上がりです。

料金は各寺院や霊園によって違いますから、利用する時は確認をしてみるといいです。

墓石代わりに植える樹木ですが、これらは寺院や霊園が用意した物を買って利用します。

ただし樹木の周りに植えるものは持ち込んでも大丈夫です。



ただこれも寺院や霊園によって違うので確認が必要です。

Weblio辞書情報の公開中です。

樹木葬は墓石型のお墓よりも安上りで、樹木が好きな人に人気が有ります。

そして墓石みたいに管理をする必要が無いから、残された家族に負担を掛けたくないと思う人達も利用しているから、樹木葬で埋葬されるのお墓はこれからも増えていきます。