散骨しても供養はできます

葬送の方法が多様化する中で広がりを見せてきた散骨ですが、あとになって遺族から「お墓参りする場所がなくて寂しい」との声があがることがあります。
散骨には故人の遺骨を全部海や山に撒く全量散骨と、一部を散骨する部分散骨とがあります。


全部の遺骨を自然に帰してしまわずに、粉骨した遺骨を一部残して身近な所にお祀りしておけば、寂しい思いをしなくてすみます。



このように、遺骨の一部を身近に置いて故人を偲ぶ供養の方法は、手元供養と呼ばれます。



従来、手元供養とは、所有しているお墓に納骨を終えた人が小さな骨壺などに遺骨を保管する場合がほとんどでしたが、近年では手元供養品そのものをお墓の代わりにする人が増えてきました。手元供養品は、大きく分けると「納骨型」と「加工型」があります。自宅での供養を目的とする場合、納骨型では、遺骨をそのままミニ骨壺やオブジェに保管する形となります。


加工型としては、プレートや仏像をかたどったものなどがあります。身に付けて常に持ち歩きたい場合は、遺骨を収納するペンダントがあります。

加工型としては、遺骨を加工したアクセサリーや遺骨から炭素を取り出してつくる人造ダイヤモンドなどがあります。

あなたにぴったりのAll Aboutの情報ならこちらで掲載されています。

手元供養品は、故人の方の遺骨やその加工品を身近に置いたり、身に付けることで、心のよりどころとなります。

また一緒に旅行に出かけたりすることで、故人を偲び、語りかけ、故人との絆を再確認できる新しい形の供養の方法です。