海洋葬とはどんなものか

遺骨を埋葬するのは、宗教に深く関わりがあるとされていますが、日本では無宗教の人が多かったり、形式にさほどこだわらないという人も増えているのが現状です。


近年では、火葬や土葬以外にも様々な遺骨の埋葬方法があり、自然葬というものもあります。
海洋葬は、自然葬の一種であり、主に海に遺骨を撒くといった形式のものです。
海であればどこでも撒いてもいいというものではないので、業者などに依頼し、許可を取ってから撒くことが重要です。

海洋葬では、基本的には船が利用されますが、場合によってはヘリコプターや小型のセスナなどを使って遺骨を撒くことも可能です。


これは、業者によって異なるので、あらかじめ確認を取ってから利用するようにしましょう。海洋葬は、個別でのプランや合同で行なうプラン、委託プランなどがあります。

委託は、作業を業者に任せてしまうので、非常に手軽で価格も安く済みますが、遺族は参加できないので自分の手で撒きたいという場合には、個別や合同でのプランを利用するのがおすすめです。


合同では、ほかの遺族などと一緒に乗り合いという形での葬式となるので、日程の調整などが必要となります。



また、どこの海に撒くかなどは業者によって異なります。

対応していない地域もあるので、よほど思い入れがあるという場合以外には、近隣の地域や利用しやすい場所を選ぶのが良いと言えます。

安心できる埼玉の海洋葬ならこちらが人気です。

海洋葬の良さは、記憶に残る葬式になるということです。

故人のためにも、海洋葬を利用してみるのも良い手段でしょう。

有名なコトバンクはとにかくお勧めです。